ちょっと一息
ふるはうすの裏庭
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
親愛なる友へ
2014-05-05-Mon  CATEGORY: 日記
コミティア108を振り返る

本日は江月堂にお越し下さり、誠にありがとうございました。

今回は、今まで以上にたくさんの人に支えられて迎えた一日になったな、と感じています。

半月前、仕事の都合で行けない可能性が濃厚になり、正直新刊を出すことを諦めようと思いました。本当に悩みました。悩む時間も惜しいほどでしたが、考えずには居れなかった。

楽しみにしてくれている人が必ずいるんだ、と、これまでのコミティアを通じて感じるようになりました。だからどうしても、新作を届けたかった。どうすればいいか、全力で考えました。

友人達に打診しました。僕の代わりにコミティアに出てくれ、と。全て準備はするから、と。有難い事に、快く応じてくれました。ならばあとは、原稿を終わらせるだけだ、と、日中仕事をこなしながら、家では只管デスクに向かいました。

完成・〆切が近づくにつれ、イベントが近づくにつれ、僅かですが、コミティアに行ける可能性が出てきました。僕はTwitterでもブログでも、一切そのことには触れませんでした。行けないかも、と言って、楽しみに待ってくれている人を不安にさせることはしたくない。それに、言ってしまったら。表に出してしまったら、僅かばかりの可能性すら、無くなってしまう気がしたのです。

今回ばかりは、運を天に任せました。ただ、とにかく『行けるかもしれない』という希望を諦めることなく、それでいて、目の前の仕事に専念することにしました。もちろん、原稿は同時進行で。

『信じる』なんてことは、曖昧で不確かで、不安定なものです。僕はただ、諦めなかっただけです。諦めずに原稿を完成させて、本当によかった。今日という日を迎えられて、本当によかった。

こうして無事にコミティアに参加出来たのは、なによりも仕事をそつなくこなしてくれた職場のみんなの協力のおかげです。僕が諦めなかっただけでは叶わなかった願いです。そして、僕もまた仕事に集中出来たのは、代わりにスペースを任されてくれた親友が居てくれたからです。

そして。

拙い僕の作品を、楽しみにしてくれているみなさんが居るから、です。直接作品をお届けすることが出来て、本当に嬉しい。本当に本当に、ありがとうございました。今、涙で目の前が霞んでいます。

そしてまた有難いことに、持ち込んだ新刊・既刊は完売するに至りました。ありがとうございました。感無量です。

少し休んだら、また、次のなにかに取り掛かりたいと思います。またみなさんとお会いできる日を楽しみにしています。

本日は江月堂にお越し下さり、誠にありがとうございました。またね。
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Copyright © 2017 ふるはうすの裏庭. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。