ちょっと一息
ふるはうすの裏庭
読書日記
2015-09-27-Sun  CATEGORY: 日記
『こころ』/夏目漱石

私はその人を常に「先生」と呼んでいた。


「私」の置かれた現実に対する思い。

「私」へ宛てた「先生」の独白のような手紙。

淡々と語られる事実。

僕が生きている今とは異なる時代背景。

志の高さ。

人間の浅はかさ。浅ましさ。

生きていく理由。心の弱さ。

死を選ぶ覚悟。

純粋な想い。無垢なる願い。

こころの変容。

醜く、美しいこころ。
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
<< 2015/09 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


Copyright © 2017 ふるはうすの裏庭. all rights reserved.